鼻ツマルドットコム

鼻ツマルドットコム

〜大卒フリーターの生きる道〜

SNSでの隣の芝生が青過ぎる件について

f:id:peperan:20170809024441j:plain

 

僕はかなりのTwitter依存者だ。

 

ゲームアプリ開こうかと思ったらツイッターを開いてしまっているくらい。

もうそれはやばい。スマホを持ってロックを解除したらツイッターが開いている。他にもホーム画面にいろんなアプリがあるというのに……どうしたものか。

 

 

みなさんの中にもいません?いないか。

 

 

そんなことはさておきTwitterってすごくいいよね。なんていうか簡単に情報が手に入る。友達が今何してるのか、好きな芸能人の画像、アーティストのライブ日程、世界情勢。。。。etc

まあちょっと自分のフォローしてるものに例えが寄ってしまったわけだけど。

 

 

 

とにかく自分の見てるものしか見えてこない見たくないものは見えないということ。当たり前のことなんだけど。

でもここがいいところでもあり、悪いところでもあるかなと思う。

情報化社会とかいってたくさん情報が得られるようにはなったんだけど、結局自分の好きなものを選んで、絞っているんだね。

 

 

 

現実社会だと、目に見えるところに広告があったり、CMでは短い時間の中で心理的に僕たちの脳を動かして行動を誘って来る。つまり、見たくないものも目に入って来る。

 

 

 

 

 

だけどもだっけっど?

 

TwitterやインスタなどのSNSでは、たくさんある情報から自分の得たい情報だけが入ってくると思っていた。けど実際は、友達のお出かけ先、芸能人の着ている服などが目に入って来るようになる。

 

 

そして、それが欲しくなる。行って体験してみたくたる。

 

 

ある意味、とてもわかりにくい広告だ。広告にも色々あるけど、TVのCMや、Youtubeなどの動画の間に挟まっているものは、基本的に視聴者は動画や番組を見たいのであって、CMは邪魔なものだ。

 

 

けど、SNSの広告は違う。見たいと思って絞り込んだ情報の中に潜んで広告が紛れ込んで僕たちの脳を刺激している。

 

 

インスタではインフルエンサーと呼ばれる人がおしゃれ画像をアップしてその中にブランド品を写し込んでいるというではないか。しかも広告代をもらって。

 

 

オソロシーーーーー!

 

 

てか、それより友達の「○○に行ってきた!」とかいうあの写真!お前も広告かよ!

ってか俺も自分で写真載せてやってる心当たりあるわ!!

ん?どうだったって?まあいいとこだったよ、うん。(ドヤ顔)

 

 

ってそっちの方がオソロシーーーーー!!

 

 

 

うまく出来すぎだろこの社会!!

結局どこに行っても、僕たちは広告と戦わなければいけないということなのか…

 

 

 

 

 まとめ

 

口コミが一番効果あるらしいよ、情報発信者を信用しているからだね。